スポンサーリンク

現場監督を辞めるタイミングはいつ?円満退職するベストな方法

建築業界の転職

この記事では現場監督を辞めるタイミングはいつなのかを方法も含めて紹介しています。

このような悩みをお持ちではないですか?

  • 工期がきつくて転職活動する時間が取れない
  • 今辞めて会社や現場に迷惑が掛からないか心配
  • 上司に言い出しにくい

このように考え、中々転職活動に踏み切れませんよね?

「転職のプロ」に相談することで、その悩みを解決することができます。

この記事では、現場監督を辞めようと悩んでいる方に、「辞めるタイミング」と「会社とのトラブルを避ける方法」を教えます。

中々踏み出せなくて悩んでいる方は、ぜひこちらの記事を一読ください。

スポンサーリンク

現場監督を円満退社する基本的な考え方

法律上では、会社に退職の意向を伝えるのは2週間前です。

ただし、会社の就業規則を見ると、

  • 退職1ヶ月前に会社に報告する(多くの場合1ヶ月だが、2〜3ヶ月の会社もあり)
  • 直属の上司に退職の旨を報告する
  • 業務に支障が無いように引き継ぎを行う

とあります。

法律上では2週間前、就業規則では1ヶ月前。

どちらが優先されるかというと、法律の方が優先されます。

しかし、円満退職を希望されるなら就業規則に従いましょう

退職の話は直属の上司に申し出る

上でも書きましたが、退職の話は直属の上司に伝えましょう。

会社の先輩や同僚に伝えても意味がなく、逆に残留するように説得されてしまうかもしれません。

本当に辞めたいなら、社内で退職の話は伏せ、直属の上司にのみ話すべきです。

悩んでいるではなくはっきり辞めると伝える

退職の旨を伝えると、上司から個別面談があります。

そこで聞かれるのは、

  • 退職する理由について
  • 退職した後について(転職先について)
  • 会社への不満について

などが主になります。

ここで、「悩んでて・・・」というような回答をすると、上司に言いくるめられてしまいます。

よく聞く、”引き止め”ですね。

また、退職する理由に上司の采配で解決できてしまうものは避けて答えましょう。

例を出すと、

  • 現場の人間関係に苦しんでいるので辞めたい
    →上司の回答:現場の配置換えをするので考え直さないか?
  • 残業時間が多いので辞めたい
    →上司の回答:残業が少ない内勤の部署へ配置換えするので考え直さないか?
  • 業務の量が多すぎるので辞めたい
    →現場の人数を調整するから考え直さないか?

といった内容です。

答え方によっては逃げ道を塞がれてしまうので、退職の意向はキッパリと伝えましょう

現場監督を辞めるときのベストな退職方法

「いつ伝えたら良いんだ?」、「今すぐ辞めたいけど、どうすれば良いんだ?」などの疑問があると思います。

そこで、それらを解決するベストな退職方法を説明していきましょう。

2ヶ月前を目途に退職を伝えること

退職については就業規則にもよりますが、概ね2ヶ月前を目処に会社へ伝えましょう

これにはいくつかの理由があります。

  • 現場監督は引継ぎ内容が多いため時間を要する
    →1〜2週間ほどかかる
  • 会社が引継ぎする社員を探す
    →会社の規模にもよりますが2〜3週間ほどかかる
  • 有給休暇の消費をするため
    →現場監督は有給休暇を使っていない人がほとんどです

だいたいこれらを退職日から逆算すると2ヶ月近くになります

引き継ぎや、有給消化を考えると2ヶ月前がギリギリの時期になります。

繁忙期はなるべく避けること

辞める際には、上司に退職の意向を伝えるために、

お話ししたいことがあるので、少しお時間をいただけないでしょうか

といったメールを出し、個別面談の場を設けることになります。

ただ、退職時期に多いのが年末もしくは年度末になります。

この時期になると、現場が大詰めになり、管理職の上司も相手にしてくれない場合が多いです。

現場監督を辞めづらいなら退職代行もある

いくら2ヶ月前に会社に伝えれば良い・・・とはいっても、中々言い出しづらいものです。

そこで最近話題の退職代行サービスを使えば、本人に変わって退職の手続きを取ってくれます。

退職代行を使うメリット

最大のメリットは、依頼したその日から会社の人と話すことなく、会社を辞められることです。

その他のメリットは、

  • 退職に関する(会社への連絡も含めて)全てを代行
  • 離職票、健康保険資格喪失証明書、源泉徴収票などの書類発行を代行
  • 年金手帳の返却を代行
  • 会社から貸与されている社員証、パソコン、制服、鍵などを返却するための手続きを代行
  • 有給消化についての交渉を代行
  • 業務引き継ぎについての交渉を代行

などになります。

オススメの退職代行は「退職代行SARABA」

正社員、派遣社員といった、どのような業務形態でも、一律27,000円でサービスを利用することができます。

退職代行SARABAの強み

  • 24時間365日無料相談OK
  • 即日退職可能
  • 退職成功率ほぼ100%
  • 相談当日から代行可能
  • 全額返金補償
  • 追加料金一切なし
  • 会社と交渉が可能
  • 無料転職サポート付き

他にも多くの退職代行サービスがありますが、退職代行SARABAは労働組合を持っているため、会社との交渉が可能です

退職代行SARABA

退職代行SARABA

詳細はこちら

現場監督を辞めたあとの転職先もプロに相談を

現場監督を辞めた後に、転職活動することもできますが、収入がない時期が発生するのでやめたほうがいいです。

有給消化中の転職活動をお勧めします。

また同じ苦しみを味わないように、次の働く場所は「転職のプロ」である、転職エージェントに相談しましょう。

初めて転職活動をする方は、退職する理由がはっきりしていても、次何をするかという明確なビジョンがない場合が多いです。

また、「ココいいな!」と思って入った会社でも、前以上のブラックだったという話は良くあることです。

転職エージェントは、あなたと同じような悩みを抱えた人たちをサポートしてきた実績があり、自分では探しきれないけど、自分にあった条件の求人を探すことができます。

あなたがキャリアアップできるように転職活動を支えてくれる。

それが、転職エージェントです。

詳しく知りたい方は転職エージェントに関する記事をご覧ください。

建築業界内で職場を変えたい人向け!おすすめ転職エージェント5選を比較
建築業界の転職エージェントを選ぶ3ポイント 建築系転職エージェントを目的別で探す 建築設計系のおすすめ転職エージェント 施工管理系のおすすめ転職エージェント 建築設備系のおすすめ転職エージェント ハウスメーカー系のおすすめ転職エー...

いかがだったでしょうか。

この記事があなたの参考になれば幸いです。

執筆/編集担当
himorink

建築学部も卒業後、web業界へ。webの知識と建築の知識を組み合わせて、有益な情報を届けられるよう頑張ります。

建築業界の転職
スポンサーリンク
ケンタメ+建築学生と業界のタメのメディア
タイトルとURLをコピーしました